個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 個人事業主の男性(52歳)からの相談 平成30年1月6日3407人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム     はははさん  52歳
からの相談メールをいただきました。

 

3407人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月3~4万円
国民年金について(ご本人): 毎月口座振替
国民年金について(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況: 個人事業の開業者です。(法人の経営者ではありません)
家庭の状況: 独身です。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

●あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

私はフリーランスとしてシステム開発のお仕事をしております。
毎月の報酬に対して国保の保険料が高すぎると思っており、

保険料を支払うために(キャッシング等で)借入することも多いです。
保険料が減額できれば、少しは生活も楽になるので、アドバイスをお願いいたします。

 

●私の回答をお伝えします

 

お悩み拝見しました。

大変申し訳ございません。

 

現在、ご負担中の国民健康保険料の負担水準が

毎月、2~3万円という前提で、お応えいたします。

この前提の場合、私が、主にお伝えしている手法を用いても、

国民健康保険料の節約効果は、きわめて限定的となるイメージを抱きました。

 

そのため、積極的な回答は、控えたいと考えます。

 

私の力不足で、お力になれず、大変申し訳ございません。

以上、ご回答として、お応えいたしました。。

 

国民健康保険のお悩みを聞かせていただき

ありがとうございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

《2019年1月6日:国民健康保険に関するお悩みのご回答》