個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 会社員の女性(46歳)からの相談 平成30年11月23日3405人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  たんぽぽさん  46歳
からの相談メールをいただきました。

 

3404人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 支払いができず滞納中です。
国民年金について(ご本人): 払っていません
国民年金について(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況: 会社員
家庭の状況: 子を扶養しています。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?:  体の疲れを癒いたい。

 

●あなたの国民健康保険に関するお悩み


ホストの息子が私の扶養に入っていて、

扶養を抜けて国民年金に入る際に雇い主に確認書を貰う必要があるが、

どのように、雇い主に交渉すべきか悩んでおり、

息子もそこを、辞める予定らしく困っている。

 

また、いくら支払うことになるのか、金額が気になり困っている

 

●私の回答をお伝えします

 

お悩みを拝見しました。

 

文章だけでは、他者に、お悩みの様子がとても、

伝わりにくいお悩みと感じました。

 

本題とずれているかもしれませんが、

お伝えいたします。

 

ひとつの方法として、たんぽぽさんが、

発行してもらいたい確認書を作成し、

この書類に、法人の証明印を押印いただきたいのですが、

という流れをイメージいただきたいと考えます。

 

ポイントは、法人に確認書を作成してほしいというお願いをするのではなく、

(書類は、当方で作成しましたから、ここに)

法人に証明印の押印していただきたいということをお願いするというスタンスです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

《2018年11月23日:国民健康保険に関するお悩みのご回答》