個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 投資家の女性(54歳)からの相談 平成30年11月03日3404人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  ガーネット さん 54歳
からの相談メールをいただきました。

 

3404人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月3~4万円
国民年金について(ご本人): いつも現金払い
国民年金について(配偶者): いつも現金払い
仕事の状況: 投資で生計をたてています。
家庭の状況: 結婚してます。配偶者は、扶養から外れています。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

主人は年金所得者、私は主婦(扶養)で介護もあり務める事が厳しく投資で補てんし生計を維持。

主人は年金400以下で申告不要と言われ、
私はH30確定申告 基礎控除後55万(申告分離),
すると一気に保険料が跳ね上がり35,000円/1期
配偶者控除もなくなり、主人の市府民税も上がる始末。
中途半端な利益をださない方がよいのか?
いくらくらいなら個人事業主、法人にする方がよいのか?

確定申告時に国民年金、国民健康保険が控除出来ると知らなかったのも一因。
来年の確定申告は主人が申告し、国民健康保険料を控除した方がいいのか? それとも
私が確定申告したときに、国民健康保険料を控除することが出来るのか?
色々お聞きしましたが、ご教授いただければ幸いです宜しくおねがいいたします。

 
 
 

私の回答をお伝えします

 

回答準備中です。