個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室  個人事業主の女性(41歳)からの相談 平成30年3月23日3384人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  ひろよん さん 41歳
からの相談メールをいただきました。

 

3384人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月4万円以上
国民年金について(ご本人): 毎月口座振替
国民年金について(配偶者): 毎月口座振替
仕事の状況: 個人事業の開業者です。(法人の経営者ではありません)
家庭の状況: 結婚してます。配偶者は、扶養から外れています。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

保険料が高すぎる
 
 
 

私の回答をお伝えします

 

「保険料が高すぎる」
お悩みを拝見しました。
 
まずは、私自身は、力不足で
お力になれず
「大変申し訳ございません」
という言葉をお伝えします。
 
 
理由のひとつは、
私が、主にお伝えする手法は、次のような
家族構成の時にもっとも力を発揮します。
 
家族構成【理想の前提】
 
・収入を稼いでいる人  ひとり
・稼いでいる人の扶養になっている家族  上記以外の配偶者、子、親 など
 
ご登録内容を拝見したところ
ご夫婦で、共働きであると考えます。
 
家族構成【ひろよんさんの前提】
 
・収入を稼いでいる人  ふたり

そのため、家族の中に、収入を稼いでいるが
おふたりいらっしゃるとかんがえます。
 
 
このような場合、私のお伝えする国民健康保険料の節約のために
お伝えしている方法が、活用できないと考えます。
 
お力になれず、
大変申し訳ございません。
 
国民健康保険に関しては、
私としては、お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会のホームページのとおりです。
 
過去3000人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページで
まとめております。
に、お役に立つ情報が、
含まれていれば幸いです。
 
この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。
 
【国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成30年3月23日の問い合わせ】