個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室  会社役員の男性(40歳)からの相談 平成30年2月19日3383人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  samuca さん 40歳
からの相談メールをいただきました。

 

3383人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月1~2万円
国民年金について(ご本人): 免除認定中
国民年金について(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況: 会社員または会社役員として勤務してます。
家庭の状況: 独身です。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

役所にも聞いたのですが、部署が違ったりして、全体的にはどうなのかという結論が見えません。

まず現在国民年金に加入してますが免除認定中。親の扶養にあたるのですが、親の収入が高いために、子である私の年金の支払いが高くなって、支払えません。ゆえに免除認定中。年収が170万弱ゆえに、今後世帯分離をして免除申請をした方が良いでしょうか。また国民保険は家族ごとに振り分けられますが、13500円を8期にわたって支払っていますが、40歳になり、プラス5000円強が加算されます。

世帯分離してしまうと、自分が一国の主になり、国民保険の額がかなり負担されてしまいます。

非正規雇用で短期就業なので、会社の厚生年金や健康保険は入れず、交通費も遠方ゆえ非常に高く、給与が大して残りません。一体どうしたら良いのでしょうか。役所のスタッフは見下した態度であり、また担当部署が別で電話で聞いたのでイマイチわかっていなく、どうするべきか解決していません。
どうかお力添えをしていただけないでしょうか。
 
 
 

私の回答をお伝えします

 

只今回答準備中です。