個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 求職中の女性(46歳)からの相談 平成29年11月14日3374人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム くりた さん 46歳
からの相談メールをいただきました。

 

3374人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月3~4万円
国民年金について(ご本人): いつも現金払い
国民年金について(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況:求職活動中です。
家庭の状況:独身。両親や子を扶養しています。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 旅行をしたい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

8年前主人が亡くなりました、
 
 
役所の人言った
「寡婦は住民税支払のいりません」
3年前に息子会社に入って、
私と娘二人て4千円くらい、
 
 
去年息子会社辞めた、
健康保険料4万円になった、
 
 
私は今年の8月パート辞めた住民票支払が着て、
役所に申告して、三週間後健康保険料6万円以上、
今のパートの給与とでも払うえない
 
 
 

私の回答をお伝えします

 

お悩みを聞かせていただき

ありがとうございます。

 

大変申し訳ございません。

国民健康保険の節約について、

お力になれず、申し訳ございません。

 

>三週間後健康保険料6万円以上、

>今のパートの給与とでも払うえない

 

現状が、差し迫っている様子を

拝見しました。

 

役所から納付期限が記載された

納付書をお持ちかと考えます。

 

期限までに役所に何の相談もせず

納付手続をしないということは、

役所には、結果的に

「私は、国民健康保険料を支払う気は無い」

ということを伝えていることになります。

 

しかし、期限までに役所に相談をして、

結果、納付手続ができないということであれば、

「私は、国民健康保険料を支払う気は有るが、

国民健康保険料を支払えなかった」

ということを伝えることになります。

そして、この人は、役所に相談する気持ちは、

もっているということを伝えることになります。

 

役所に対して、

結果的に無視をするような行動は

総合的な負担が増えることが多く、

私は、よろしくないと考えます。

 

具体的なことについて、

お力になることはできませんが、

この度、お悩みを聞かせていただき

ありがとうございます。