個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 個人事業の開業者を夫にもつ女性(36歳)からの相談 平成29年8月2日3362人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  かなぼん さん 36歳
からの相談メールをいただきました。

 

3362人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月4万円以上
国民年金について(ご本人): いつも現金払い
国民年金について(配偶者): いつも現金払い
仕事の状況: 個人事業の開業者です。
家庭の状況: 結婚してます。妻(夫)や子を養ってます。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?:毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

配偶者は同じ健康保険を使用していません。

扶養内です。間違いです。すいません。


経営者は主人で私は専従者で経理担当となっています。


年々増加する税金の節約をずっと考えていて、

法人にしないと社保には加入出来ないと思っていました。

 


紹介者の方に少し話を聞いて、

少しでも節約出来るのなら、と相談した次第です。


整骨院を経営しています。
よろしくお願いしますm(__)m

 

私の回答をお伝えします

 

この度、ご紹介者の方より、
私の話に興味を持っていただきありがとうございます。
 
詳しい内容については、
私から、お話しするよりも、
実際に、国民健康保険の節約をすることを
平成26年の夏に選択され、ご一緒に節約している
紹介者の方に聞いていただく方が、良いと考えます。
 
また、その旨についても、
紹介者の方に連絡し、ご承諾いただきました。
 
さて、詳しいお話は、電話での相談、書面でのご案内を
行う運びで、行いたいと考えます。
 
この場では、国民健康保険料が本当に節約できるのか
どうか?ということについて、簡素に、お伝えしておきます。
 
お聞かせいただいた現状の場合、
私が、主にお伝えする手法を活用して、
節約することが可能です。
 
節約効果は、最も高いと考える状態ですね。
家族の中で、稼ぎ頭がお一人いて、
その方に、扶養認定の条件が満たされている家族全員が
お世話になる。

以上を回答とさせていただきます。
今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 

【国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成29年8月2日の問い合わせ】