個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 地方議員の男性(56歳)からの相談 平成29年4月18日3343人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム チカボン さん 56 歳
からの相談メールをいただきました。

 

3343人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月4万円以上
国民年金について(ご本人): いつも現金払い
国民年金について(配偶者): いつも現金払い
仕事の状況: 会社員または会社役員として勤務してます。
家庭の状況: 結婚してます。妻(夫)や子を養ってます。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。家族サービスに使いたい。旅行をしたい。体の疲れを癒いたい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

私は現在、某市の地方議員です。


720万くらいの年収ですが、
昨年度の国保料の総額は、677400円をしはらいました。

 

あまりにも高いので、

妻と大学二年の息子を別の世帯に引っ越させ・・・

 

それでも今年度の国保料の見込み金額は 

574200円と市役所の窓口で言われました。

 

これでも高いと思っています。

 

 
私の回答をお伝えします

 

この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。
 
ちかぽんさんのお悩みを
拝見いたしました。
 
この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。


さて。
はじめに結論を申し上げます。


まずは、私自身は、力不足で

お力になれず

「大変申し訳ございません」

という言葉をお伝えします。



理由のひとつは、
私が、主にお伝えする手法は、
個人事業主を対象に
お伝えしているためです。


それでは、拝見いたしましたチカポンさんの
お悩みをについて、回答をいたします。
 
>私は現在、某市の地方議員です。
>720万くらいの年収ですが、
>昨年度の国保料の総額は、677400円をしはらいました。
 
 
とても、珍しいご職業の方からの
お悩みのため、テンションが上がってます。
 
さて、参考までにある情報をお伝えします。
私は、仕事で、給与明細書を作成する
給与計算の仕事も行っています。
 
仮に、720万円の年収をもらっている
お勤めの方の給与明細書を作成したとします。
 
計算を簡単にするため、720万円÷12ヶ月の
60万円を月給とします。
 
中小企業として、活動するとある法人に勤めていれば
全国健康保険協会の保険証を手にすると考えます。
 
さて、その保険料率は、給与の約11%です。
お勤めであれば、表面上、この負担を労使で
折半するということになります。
 
60万円の11%は、約66000円ですね。
66000円×12か月で、労使が負担する
年間の保険料は、792,000円になります。
 
 
>あまりにも高いので、
>妻と大学二年の息子を別の世帯に引っ越させ・・・
>それでも今年度の国保料の見込み金額は 574200円と市役所の窓口
>で言われました。これでも高いと思っています。
 
ちかぽんさんのお考えを拝見しまた。
なるほど、あまりにも、高いと感じて、
おられるのですね。
 

さて、改めまして、
国民健康保険に関しては、
私としては、お力になれないことは、
国民健康保険料の節約を考える会の
ホームページのとおりです。


過去3000人以上、お聞きしたお悩みのうち
15つの内容を厳選してこちらのページで
まとめております。

国民健康保険料のお悩み15選お役に立つ情報が、
含まれていれば幸いです。

 
もし節約できたら何に使いたいですか?
 
>貯金したい。
>家族サービスに使いたい。
>旅行をしたい。
>体の疲れを癒いたい。

たくさんのご希望を聞かせていただき
ありがとうございます。
 
私の力不足で、どれひとつ、
実現できないことをお詫び申し上げます。
 
地方議員という立場を活用して、
お住いの地方自治体の国民健康保険の制度が
少しでも、地域住民に喜ばれる方向へ向かうように
ご活躍されることを期待しております。
 
この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。