個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室  会社員の男性(54歳)からの相談 平成30年6月15日3394人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  スタンリー さん 54歳
からの相談メールをいただきました。

 

3394人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月4万円以上
国民年金について(ご本人): 毎月口座振替
国民年金について(配偶者): 配偶者は、いません。
仕事の状況: 会社員
家庭の状況: 独身です。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

平成30年度の国民健康保険料の年間総額は、929,190円です。
因みに、当市の本年度の最高限度額は、93万円とのことです。涙も出ません。
 

自宅を売却し譲渡益が発生したところへ、

売却月に他の土地を売却価格超で購入したことが、資金不足の原因であることは理解しています。


購入地はパーキング会社に賃貸していますが完全な赤字です。
昨年の給与所得は120万に満たず、非常勤ですので、健保にも加入できません。


業態によっては、国民健康保険組合というものがある

と聞きましたが当方には、該当しませんでした。


県市民税・不動産取得税・登録免許税 そして国民健康保険料(税)
言葉の最後に「税」を付ければ、何でもあり?なのでしょうか。
「担税力」 一番嫌いな言葉です(泣)

分割納付の願いを申し出るつもりです。

 
 
 

私の回答をお伝えします

 

お悩みを拝見しました。

急激に国民健康保険料の負担が増加し

経済的に苦しい状況の中、お悩みをお聞かせていただきました。

 

大変、申し訳ございません。

 

私は、主に個人事業主の方を対象に

国民健康保険の節約に関するテーマで活動しております。

スタンリーさんのお力になれず、大変、申し訳ございません。

 

ひとつ言えることは、

所得が発生することが分かったとき、

その後の行動は、

納税資金のことをふまえて、行動することが

大切であるということですね。

 

どうぞよろしくお願いいたします

 

 

《2018年6月15日:国民健康保険に関するお悩みのご回答》