個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 個人事業主の男性(39歳)からの相談 平成29年7月25日3360人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  イチ さん 39歳
からの相談メールをいただきました。

 

3360人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月2~3万円
国民年金について(ご本人): いつも現金払い
国民年金について(配偶者): いつも現金払い
仕事の状況: 個人事業の開業者です。
家庭の状況: 結婚してます。妻(夫)や子を養ってます。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?:毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

売り上げが去年より低く
もう少節約出来るかどうか見直してもらいたい。
宜しくお願いします。
今月の1回目の支払額は32900円です。
2回目以降は27000円です。
自分と嫁と小学生未満の子供3人分です。
 

私の回答をお伝えします

 

この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。

 
イチ さん のお悩みを
拝見いたしました。
 

現在の状況を教えていただき
ありがとうございます。
 
国民健康保険料の支払いが
年何回で、完結するかどうかの
情報が不足しているため、
仮に年10回であったと仮定して、
現状を考えます。
 
>1回目の支払額は32900円です。
>2回目以降は27000円です。
 
仮定ですか、イチさんが、
一年間で、支払う国民健康保険料の総額は、
32900円+27000円×9回
年間総額
→ 275900円
月間保険料は、275900円÷12か月
→ 22991円
約23000円と考えました。

そして、国民年金をご夫婦が、毎月
きちんと支払っておられるということですね。
 
 
仮に、この内容を前提としたとき、
私が考える、イチさんの国民健康保険等の節約効果は
毎月約10,000円です。
 
節約金額に対する金銭感覚は、
個人差があると考えます。
どのように感じたは、イチさん次第と考えます。

私の考えでは、国民健康保険料の節約は、
できるものの節約効果は、
とても乏しい結果と考えます。
 
むしろ、10,000円の売り上げを得るために
何をすれば、実現可能に近づくか?
このテーマに時間を充てる方が良いと考えます。
 
そのため、現時点では、イチさんへは、
節約に関する具体的なご案内を、控えたいと考えます。

 
この度は、お悩みを聞かせていただき
ありがとうございます。
 
 
 
 
【国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成29年7月25日の問い合わせ】