個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室 会社員の男性(49歳)からの相談 平成28年6月2日3320人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム ひさくん さん 49 歳
からの相談メールをいただきました。

 

 

3320人目のご相談になりますね。

 

 

国民健康保険料の状況: 毎月4万円以上
国民年金について(ご本人): 毎月口座振替
国民年金について(配偶者): 毎月口座振替
仕事の状況:会社員勤務
家庭の状況:妻や子を養ってます。

 

 

国民健康保険のお悩み

株式会社の社員ですが会社が社会保険に入っておらず
国民年金、国民健康保険に加入しています。

 

毎月5万5千円ほどの支払いに悩まされています。

会社が発行する源泉徴収書にて確定申告を行い、

国民健康保険料が決定されています。

 

安く

 

 

回答

この度は、お悩みを聞かせて頂き
ありがとうございます。

ひさくん さんのお悩みを
拝見いたしました。

 

現状では、お勤めと言うお立場のため

ひさくんさんの国民健康保険のお悩みについて

決定的な打開策はありません。

 

仮に、私が、お役立ちできる状況を仮定すると

 

——————————————————————————————————

国民健康保険料の節約支援サービスとは

——————————————————————————————————

のテーマで、ご案内している下記の内容について、興味をもたれ、

 

「・・・念のためにお伝えいたします。現在、個人事業ではなく、お勤めの立場である あなた に、お伝えします。オプションのサービスになりますが、現在、個人事業を開業していない方も、あなたの住所以外で、個人事業を営める環境を用意することも可能です・・・」

 

 

所得税や住民税の節税を実現可能な状態にするということを通じて、お悩みを解決する糸口にしていただくということにとどまると考えます。

 

 

念のため、お話を伺いと考えました。

個別にメールをお送りいたしました。

 

 

お役に立つことができれば幸いです。
ご相談いただき、ありがとうございます。

 

 

【国民健康保険料 節約 お悩み相談室 平成28年6月2日の問い合わせ】