個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料 節約 お悩み相談室  法人経営者の女性(57歳)からの相談 平成30年7月21日3398人目の問い合わせ

国民健康保険料を節約したい、節税したい
全国の個人事業主、会社社長、等々から頂いた悩みに
お答えし続けて、そろそろ 10年目になります。

 

現在まで、3000人以上お答えしてきました。

 

さて、本日の相談をペンネームで、
ご紹介、ご回答いたします。 

 

本日は、ペンネーム  桜 さん 57歳
からの相談メールをいただきました。

 

3398人目のご相談になりますね。

 

国民健康保険料(毎月の負担): 毎月1万円以下
国民年金について(ご本人): 毎月口座振替
国民年金について(配偶者): 免除認定中
仕事の状況: 法人の経営者です。 (従業員なし)
家庭の状況: 結婚してます。妻に専従者給与を払ってます。
月2万円節約できたら、何に使いましょうか?: 毎月貯金したい。

 

あなたの国民健康保険に関するお悩み

 

お世話になります。
質問をしますが、国民年金保険りょうが、高い?
 
と思っています。何故なら、介護の保険りょう?
も、支払いをしない?といけないでしょう?
 
私は、まだ、介護をして、頂かなくても、身体は、元気ですし、
ただ、目が、視力が、悪いだけですし、
姿勢が、悪くて、肩こりが、ある?だけです。パソコンとか?をする?
 
とどうしても、身体が、姿勢が、悪くなります。
自分で、気をつけていても、何故か?
 
前かがみになって、います。
介護保険りょうを、支払いをしない?
方法は、ありませんか?
 
詳しく教えて下さい。返事はメールアドレスに、下さい。お願いします。
私は、遺族年金だけで、生活をしています。私は、病気も、あります。
  
 

私の回答をお伝えします

 

お悩みを拝見しました。
 
パソコンに不慣れな状況で、
お悩みをの文章を入力された様子を
感じました。
 
桜さんが、どのようにお考えになり
どのように感じるかは、桜さんの自由です。
 
インターネットを通じてではなく、
対面で、お話を聞いていただける機会は、
税理士を初めとした専門家の無料相談は、
インターネットや市政だより、
市役所や税理士会への電話などで、
見つけることは、可能です。
 
それらの機会がまずは、桜さんとって、
有効な解決手段かどうかを体験してみることも、
お悩みを解決するうえで、有効な手段ではないかと感じました。
 
お力になれず、申し訳ございません。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

《2018年7月21日:国民健康保険に関するお悩みのご回答》