個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険の突然電話相談室の記録(平成28年6月13日(月))

税理士の堀井昭彦です。

先週は、突然、電話相談が始まってしまった相談が、おふた方ありました。

 

その後、登録があったかどうかは、分かりませんが記録とし、

私の電話相談記録として、ここに、書き留めておきます。

 

お1人目は、2016/6/13の9時に突然電話がありました。

ホームページを見たのですが・・・ということで、

突然、相談スタートのゴングが、ちーーーんと鳴りましたね。

 

大阪市阿倍野区在住の事業を個人でされている

男性の方でした。声からすると年齢は、40代でしょうか。

 

奥様が、パート勤務で、収入を得ておられたのですが

年間の収入が約170万円ということで、勤務先では

社会保険の適用は受けておられず、夫婦で国民健康保険の保険証を

使用されているとのことでした。

 

私が、お伝えする手法は、配偶者の方が、扶養認定を受けられる

収入の水準にいらっしゃることが、必須であるため、お役に立てないことを

お伝えしました。

 

 

お二人目は、2016/6/13の10時に突然電話が・・・

女性の方でした。声からすると

年齢は、50代あたりでしょうか。

 

 

もしかして、今日は、一時間おきに電話が?

そんな予感がしました。

予感は、見事に外れたのですが・・・(^^;ゞ

 

こちらは、今年から起業するので、という事で

国民健康保険の節約見込みがありそうな相談内容でした。

金属の卸売業を行うこと言うことで、何やら本格的な様子。

仕事につながればありがたいですね。

メール相談の登録をされていることを

願って突然電話相談を終了しました。

 

 

税理士 堀井 昭彦