個人事業主の国民健康保険料削減なら大阪梅田の税理士「堀井昭彦税理士事務所」にお任せください!

国民健康保険料の構造

国民健康保険料(税)の構造
まず、大まかかな説明から。
国民健康保険の計算式は、次の4つで決まります。
説明の都合上、医療給付分と後期高齢者支援金分は、分けておりません。

いち家族につき
●●円
一人につき
●●円
家族の稼ぎに対して
●●円
固定資産税につき
●●円

では、実際に、ひとりの人をウッチング!国民健康保険料の負担おびえる表情なコンサルタント
 

国民健康保険料の計算式(例1)

 賃貸、ひとり暮らしのブルブル
 国民健康保険料の負担おびえる表情  年収400円(給与所得266万円) 
 国民健康保険料は、年間 約23万円 (毎月約19,000円)

いち家族につき
24,000円
一人につき
21,000円×1人
家族の稼ぎに対して
(266万円-33万円)
×8%
固定資産税につき
※賃貸で関係なし

 どうして、約23万円になったかというと・・・

24,000円 + 21,000円×1人 + (266万円-33万円)×8% = 231,400円

 専門用語では、こんな名称が・・・ついてます。

平等割均等割所得割固定資産税割

 国民健康保険料の計算式(例その2)

 賃貸、家族くらしのブルブル君とホンワカさ
  国民健康保険料の負担おびえる表情 国民健康保険料の負担おびえる表情国民健康保険料の負担おびえる表情
 年収400円(給与所得266万円) 
 年収120円(給与所得 55万円) 
 国民健康保険料は、年間 約29万円 (毎月約25,000円)

いち家族につき
24,000円
一人につき
21,000円×3人
家族の稼ぎに対して
(266万円-33万円)
×8%
(55万円-33万円)
 ×8%
固定資産税につき
※賃貸で関係なし

 どうして、約29万円に、なったかというと・・・

24,000円 + 21,000円×3人 +                               
 (266万円-33万円)×8%+(55万円-33万円)×8% = 291,000円

またまた、専門用語では、つぎのとおり。
負担のイメージでは、こ~んな感じです。

平等割均等割所得割固定資産税割

だから、「稼ぎ」がほとんど無くて、
いきなり、「稼ぎ」あると・・・
(イメージして下さい)
退職した年の次の次の年わかりますよね。
開業して、赤字から急に黒字になった年の次の年わかりますよね。
今まで、赤の部分が、全くなかったのに・・・

赤の部分が、国民健康保険料の負担おびえる表情というまに・・・ふえて
       国民健康保険料の負担おびえる表情
2倍3倍当たり前・・・国民健康保険料の負担おびえる表情になるのです。
                国民健康保険料の負担おびえる表情

市町村合併がどんどんとススム中
各市区町村の台所事情に応じて、すべての市区町村が独自に
●の部分を決めています。つまり、国民健康保険料の
同じ計算式の市区町村は、ホボ無い!国民健康保険料に激怒

いち家族につき
●●●●円
一人につき
●●●●円× 人
家族の稼ぎに対して
(○○万円-33万円)
×●%
固定資産税につき
納税額×●%

役所の台所事情で●●●の部分の、さじ加減が、決まります。
全国の市区町村を1年かけて、約800市区町村をウッチングしました。
するといろいろな国民健康保険料の計算式があることに気付きました。

いち家族につき
●●●●円
一人につき
●●●●円× 人
家族の稼ぎに対して
(○○万円-33万円)
×●%

                                国民健康保険料の計算式に注目 ちょっと変化球

いち家族につき
●●●●円
一人につき
●●●●円× 人
家族の納税額
×●%
固定資産税につき
納税額×●%

             国民健康保険料の計算式に注目 合わせ技

一人につき
●●●●●円× 人
家族の稼ぎに対して
(○○万円-33万円)
×●%

いろいろありました。
そこで、先ほどの、家族くらしのブルブル君とホンワカさん
さらに10年後、次の市区町村に住んでいたら、
どれだけ金額が変わるのかをシュミレーションしました。

国民健康保険料の計算式(例その3)

持ち家、家族くらしのブルブル君とホンワカさん
 国民健康保険料の計算式に注目
     国民健康保険料の計算式に注目国民健康保険料の計算式に注目 国民健康保険料の計算式に注目国民健康保険料の計算式に注目
  えっ、!?
  これ、ホントに、全部、条件、同じ?

  下記のデータは、全国、2000近くある市町村のうち、
  県庁所在地がある約50の市町村を対象にしています。

  平成18年度は、すべての県庁所在地のある市町村を
  確認できなかったため、一部、データのない都道府県があります。

  国民健康保険料(税)の計算式は、毎年、改正される市町村や
  3年経っても計算式が据え置かれるれている市町村、大幅に計算式が
  変更になった市町村など、さまざまな市町村があります。

  ここでは、この3年という歳月を経過していの大きな変化を
  ご覧頂くため、平成18年度と平成21年度と平成24(25)年度の比較を
  行っております。
  前年の増減比が-10%~+10%の変化は【→】で示しています。

都道府県名市町村名年度(黄色:平成25年)
  平成18 平成21 平成24・25
北海道札幌市520,450412,400430,000
青森県青森市411,300411,300
青森県八戸市363,145411,900411,900
岩手県盛岡市386,375382,800417,700
宮城県仙台市446,960409,400456,300
秋田県秋田市377,955446,500446,500
山形県山形市377,620372,600484,500
福島県福島市362,100362,100387,900
茨城県水戸市330,670358,300352,600
栃木県宇都宮市367,584360,900360,900
群馬県前橋市328,710328,800407,400
千葉県千葉市265,100353,400
千葉県柏市311,650313,800361,100
東京都江戸川区278,800299,200373,700
東京都八王子市242,370242,300266,000
神奈川県横浜市431,920398,700527,200
富山県富山市352,230326,200400,900
新潟県新潟市327,300352,800413,100
石川県金沢市530,000590,000647,000
福井県福井市288,200410,700
福井県鯖江市331,320285,800351,900
山梨県甲府市377,210377,200421,400
静岡県静岡市331,530336,100409,800
長野県長野市261,480289,500339,300
岐阜県岐阜市460,560554,000419,300
愛知県名古屋市368,744399,500461,800
三重県津市356,640363,600391,100
滋賀県大津市391,200379,500
滋賀県草津市373,140373,100427,500
京都府京都市422,159421,600460,000
大阪府大阪市454,300409,700419,000
奈良県奈良市362,100418,900418,900
兵庫県神戸市590,000650,000
兵庫県明石市367,380425,300425,300
和歌山県和歌山市417,522469,400479,600
鳥取県鳥取市356,130363,900453,700
島根県松江市341,100434,100
島根県出雲市320,300369,700409,900
岡山県岡山市387,960413,200413,200
山口県山口市368,200433,600
山口県下関市356,730423,800470,000
広島県広島市478,139516,000650,000
徳島県徳島市475,700590,000542,700
香川県高松市347,180355,500418,900
愛媛県松山市395,310437,300473,700
高知県高知市406,800451,300451,300
福岡県福岡市530,000428,200427,400
佐賀県佐賀市393,460393,400434,100
長崎県長崎市331,380379,300379,300
熊本県熊本市386,160418,500457,400
大分県大分市414,260426,100446,700
宮崎県宮崎市365,480365,400416,400
鹿児島県鹿児島市346,300403,100403,100
沖縄県那覇市387,800397,800397,800

結果は
242,370円 ~ 530,000円(平成18年度)
国民健康保険税の上限が、改正された影響をふまえて、
平成21年度は、こうなっています。
242,370円 ~ 590,000円(平成21年度)
更に、国民健康保険税の上限が、改正された影響をふまえて、
上記資料の市町村だけを見たときに限り、平成24年度は、こうなっています。
266,000円 ~ 650,000円(平成24年度)
特に国民健康保険料の計算と思われるの市区町村においては、
国民健康保険料の計算式の中に
住民税額×●.●●倍という計算式が、含まれていました。
これらは、すべて、同じ条件で国民健康保険料が高い所したものです。

所得割


国民健康保険料の金額に影響する年収年収420万円(給与所得 282万円) 
または、
国民健康保険料の金額に影響する事業所得事業所得282万円(青色申告控除
その他

国民健康保険料の金額に影響する住民税住民税は、年額 8万円(平成18年度) ・年額16万円(平成21・24年度)

固定資産税割

国民健康保険料の金額に影響する固定資産税固定資産税は、年額 12万円

均等割

国民健康保険料の計算式に注目国民健康保険料の計算式に注目 国民健康保険料の計算式に注目国民健康保険料の計算式に注目4人家族

住んでいる市区町村が違うと、
こんなに違う国民健康保険料が、違うんですね。

無料相談を始めて、8年目に入ります。
国民健康保険料の計算結果というたったひとつの切り口ですが、
あらためて、それぞれの地域の特徴を若干ですが、知ることができました。

ちなみに、すべて、インターネットで、
国民健康保険料国民健康保険税の計算式が、公表されるている、
市区町村ですので、気になる方は、自分で、確認してみて下さい。